プリンター活用のコンテンツ・サイト

学会ポスター出力用に大人気のインクジェット不織布。斜行やヘッド擦れを起こす場合の対処方法を動画でご紹介。

「インクジェット不織布」は、柔軟性・復元性に大変優れており、折りたたんでもシワになりにくいのが特長です。

その特長により、学会ポスター用途に、大学や研究機関、企業などの多数の学生や研究者から、口コミで採用されている大判インクジェット用紙です。紙メディアとは違い、折りたたんでもシワになりにくいので、カバンに入れて持ち運べ、巻きグセがつかないので、掲示する際の貼り込みもカンタンということで、学会ポスター用途に、多数ご採用いただいています。

 

この「インクジェット不織布」をプリントするの際の、斜行やヘッド擦れに関する、お問い合わせをいただきましたので、対処方法をご紹介します。

 

商品ページはこちらから


 

「インクジェット不織布」とは

学会ポスターとして、大人気のインクジェット不織布。その理由をご紹介したページを用意しています。ご参考にしてください。

紙のポスターの問題点を解消!学会ポスターなら「インクジェット不織布」がおすすめな4つの理由

 

また、インクジェット不織布は、紙メディアとは違った、その風合いを活かして、様々な用途にご活用いただけます。以下のページで詳しくご紹介しています。ご参考にしてください。

「インクジェット不織布」は独特のやわらかな風合いで、様々な用途に活用されています。


「インクジェット不織布」プリント時の斜行やヘッド擦れの対処法

以下のページで、インクジェット不織布のドライバー設定などを、ご紹介しています。
https://www.nakagawa-mfg.co.jp/product/poster/large-inkjet/large-inkjet-09/index.html

ここでご紹介していますように、EPSONプリンターの場合、用紙種類を、PX/MCプレミアムマット紙に設定します。その上で、サイズを指定して、プリントして、問題なくプリントできるようでしたら、そのままの設定でプリントしてください。

 

もし、斜行やヘッド擦れなどの現象が出るようでしたら、以下の方法をお試ください。斜行やヘッド擦れなどの現象が解消される可能性があります。

 

ポイントとなるのは、「拡張設定」から「用紙調整」

  • 吸引力を弱め(-4)
  • プラテンギャップを「広め」
  • バックテンションを「高い」にすることです。

これらの項目を調整することで、斜行やヘッド擦れなどの現象を解消できる可能性があります。

 

これらの設定を繰り返し利用される場合は、「お気に入り」に名前をつけて保存されると便利ですので、是非、ご利用ください。

豊富な大判インクジェットプリンター用紙をご用意

当社では、学会ポスター用途に大変人気のある「インクジェット不織布」以外にも、紙・印画紙タイプ、フィルム・合成紙タイプ、クロスタイプなど、豊富な大判プリンターロール紙をラインナップしています。 

大判インクジェットロール紙のバリエーションは以下ページで詳しくご紹介しています。

豊富な品揃えとメーカーを問わない汎用性!大判インクジェット用紙のバリエーションと用途

 

商品ページはこちらから


 

P.I.Y.通信のTOPに戻って、役に立つプリンター活用のコンテンツ・サイトをみる。

この記事の内容について、詳細を知りたい方はお問い合わせください。

048-444-8218

受付時間:9:00~17:00 (土日祝日休み)