プリンター活用のコンテンツ・サイト

名刺作成。直ぐにはじめる内製化(自作)ノウハウ。

後でこの記事を読むなら、はてなブックマークが便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名刺を作成する方法はいくつかありますが、内製化(自作)をするという選択肢はいかがでしょう。

それも、お手元のカラーレーザープリンターやカラー複合機(MFP)、インクジェットプリンターなどのカラープリンターを活用して、作成するということであれば、新たに必要になるのは、名刺用紙だけです。

ネットで注文できる印刷会社が随分増えました。激安、格安などの文字が飛び交っていますが、表・裏をカラー印刷して、送料もかかってということになると、コストで見れば内製化(自作)にかなうはずもありません。

 

一旦、データを作成してしまえば、名前を変えて保存、修正すれば、データを複製するのは、簡単です。用紙さえあれば、直ぐに、プリントできる点も外注に比べ、大変便利です。

750bn_ccmulti

名刺用紙 CCマルチカード

名刺作成には、便利な専用の用紙があります。

A4サイズに、名刺サイズ(55mm×91mm)のカードを10面付けした名刺作成用の専用紙、CCマルチカード。

プリントし、手で簡単に剥がせます。もちろん、表裏印刷可能です。

名刺用紙の中には、マイクロミシン入りの名刺用紙もありますが、ご紹介するCCマルチカードは、切り口スッキリです。

CCとは、クリアカットの略で、”ミシン目の跡が残らないスッキリした切り口”であることを意味しています。ビジネスに使える高品質な名刺を作成できます。

マイクロミシン入りの名刺用紙との比較を以下のページでご紹介していますので、ご参考にしてください。

名刺のエッジのギザギザを解消!名刺用紙の決定版CC(クリアカット)マルチカード

 

必要になるのは、この名刺用紙CCマルチカードとお手元のカラープリンターだけ。専用のプリンターや名刺カッターなどは一切必要ありません。

面倒なカット作業ももちろん不要です。

お手元のプリンターで、早く・安く・きれいに名刺を作成できます!

コストをシミュレーションしてみる

名刺作成のコストを簡単にシミュレーションしてみましょう。

下表は、CCマルチカードの品揃えです。対応プリンター別に、ホワイトとアイボリーの2色のラインアップです。

また、インクジェットプリンター対応品では、100シート入の他に、10シート入もご用意しています。

なお、記載の参考販売価格は、当社直販サイト「中川ダイレクト」における販売価格です(2017年6月現在)。

対応プリンター 用紙色 用紙
サイズ
カード
サイズ
シート
枚数
カード
枚数
品番 参考販売価格
(税別)
送料 カード
1枚当たり
レーザープリンター ホワイト A4 55×91mm 100シート 1,000枚 CC-LP01 2,900 送料込 2.9
アイボリー 100シート 1,000枚 CC-LP02 2,900 送料込 2.9
インクジェット
プリンター
ホワイト 100シート 1,000枚 CC-JM01 3,600 送料込 3.6
10シート 100枚 IJPP-CC1-010 350 送料別 3.5
アイボリー 100シート 1,000枚 CC-JM02 3,600 送料込 3.6
10シート 100枚 IJPP-CC2-010 350 送料別 3.5

 

内製化コストを、レーザープリンター対応のCCマルチカードで考えてみます。

【内製化コスト】

・CCマルチカード : 1枚当たり 2.9円
・プリントコスト : レーザープリンターのA4サイズのランニングコストを11円(カタログ値を参考)とした場合、1枚当たり 1.1円

   2.9円+1.1円=名刺1枚当たり 計4.0円 (用紙の送料を含む)

【外注コスト】

・片面カラーにて100枚/箱単位で1,200円(名刺1枚当たり12円)と仮定

【コスト削減額】

月平均30箱(3,000枚)を発注している場合、

   (12円-4円)×3,000枚×12ヵ月=288,000円 ←年間コスト削減

年間で30万円弱のコスト削減ですから、おろそかにはできません。名刺はほとんどの会社で使用されており、現実的なコスト削減と考えられます。

 

●貴社における年間削減コストも試しに、計算してみてください。

名刺内製化のコストシミュレーション

CCマルチカードを利用すると、お手元にプリンターさえあれば、専用プリンターや名刺カッターなどを新たに購入する必要もなく、直ぐに内製化を始めることができます。面倒なカット作業ももちろん不要です。

 

名刺データの作成について

CCマルチカードは、名刺サイズ(55mm×91mm)のカードを10面付けした用紙です。

他にも、様々なメーカーから10面付けされた名刺用紙が販売されていますが、ほとんどのレイアウトは同じです。

上下11mmずつ、左右14mmずつの余白、55mm×91mmの名刺サイズが2×5の10面付けされた用紙は、業界標準といえるレイアウトです。

レイアウトが同じならば、どのような名刺作成用ソフトウエアで作成しても、プリント結果は同じです。

「コストをかけずに、名刺を作成したい」とお考えの方は、名刺作成用のフリーソフトもインターネット上で複数公開されていますので、探してみてください。

 

 

CCマルチカードのテンプレートは、WordとIllustrator用のデータを用意しています。ご活用ください。

CCマルチカード Microsoft Word用テンプレート

CCマルチカード Adobe Illustrator用テンプレート

Wordによる名刺の作成方法は、「名刺の作り方」「名刺の作り方 Word」などのキーワードでインターネットを検索すれば、紹介しているウェブサイトが多数見つかります。参考にしてください。

名刺のデザインの仕方も、「名刺 デザイン」などでインターネットを検索すれば、豊富に参考にできるサンプルをご覧いただけると思います。

 

最初のデータ作成は、多少大変かもしれませんが、一旦データを作成すれば、必要な人数分を、名前を変えて保存し、修正すれば、データを複製するのは簡単です。

パソコンに多少詳しい人に声をかけて、頼んでしまえば、案外に直ぐにできてしまう、ということもあるでしょう。

作成済みのデータを印刷するなら、わずか数分でプリントできるのも大きなメリットです。急に名刺が必要になった場合や名刺の変更時にも、外注のように困りません。

名刺作成の内製化(自作)にチャレンジして、コストダウンを含めた、様々なメリットを享受してください。

 

※Wordは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。

 

CCマルチカードの購入には、ショッピングサイトが大変便利です。

●ショッピングサイトで購入する

750bn_ccmulti


Yahoo!ショッピング   ⇒楽天市場

 

 

P.I.Y.通信のTOPに戻って、役に立つプリンター活用のコンテンツ・サイトをみる。

この記事の内容について、詳細を知りたい方はお問い合わせください。

048-444-8218

受付時間:9:00~17:00 (土日祝日休み)